介護福祉とは

介護の求人・転職情報を入手する

日本は少子高齢化社会を迎え、介護職は必要不可欠な職種となりました。介護の質の向上と、優秀な介護職従事者を確保していくことが今後の課題ですが、けして容易ではありません。

 

現状、介護職の現場は、体力的にも精神的にも重労働ですがそれにみあった対価が得られない場合が多数です。結果、せっかく介護職を志しその職についても離職してしまう人がたくさんいます。

 

雇用側の企業に余裕がなく、各社との競争を勝ち抜くために人件費をけずり結果、質の良い介護職従事者を雇用し続けることが困難になっています。

 

国全体で介護保険に関わる方針などの見直しが必要であることは言うまでもありませんが、介護職従事者自身も続けられる働き方を積極的に探していくことが必要かもしれません。

>>介護のお仕事なら【介護職急募!】


 

 

 

○全国にお仕事案件があるので、ご自宅から便利な職場を探せます。
○長期・短期・直接雇用などライフスタイルに合わせて働き方が選べます。
○サポートサービスがあるのでブランクや経験が浅くても安心して働けます。

 

ベネッセ

株式会社ベネッセMCMは、教育・生活事業でおなじみのベネッセグループが運営する介護士・看護師・理学療法士のお仕事サポートサービスです。病院・クリニックなど医療機関や、有料老人ホームなど介護施設、その他企業でのお仕事など、幅広い案件を取り扱っています。加えて、案件は全国にあり、登録会も各地で開催しています。専任のコンサルタントが詳細にご要望をお伺いし、お一人お一人に合った仕事先を、豊富な案件の中から一緒に探します。また、就業中はカウンセリングが随時おこなわれ、困りごとや不安を相談することができ、お仕事を続けるためのサポート体制がとられています。「人が財産」をモットーにするベネッセだからできる安心のお仕事紹介サービスです。

 



 

 

今後の介護の求人動向

 

超高齢化社会を迎えた日本において介護職は今後需要が増え続ける職場です。仕事になかなか就くことが難しい現在、介護職は超売り手市場であると言えます。

 

それにも関わらず、業界は常に人材不足で離職率が高いと言われています。

 

介護職の現状は、拘束時間が不規則かつ長い。体力的・精神的に非常に負荷が大きい。給料が安い。など、働き続けるうえで魅力があまりみつかりません。

 

おまけに、雇用側の企業も経営状態が苦しい場合がほとんどで将来が見えないという不安もあります。この先、高齢化社会を支える介護職従事者を安定数確保するために介護職が魅力ある仕事と認識されるよう変化していかねばならないでしょう。

 

まず、現在は女性の働き手が増えていることに注目し、女性に働きやすい職場つくりを進めなければなりません。女性は結婚・出産・親の介護・夫の転勤など環境の変化にさらされやすく一つの職場で働き続けることが容易ではありません。

 

介護職は、専門職ですのでどこにいっても、またブランクがあっても働ける仕事です。ブランクがあっても安心して復帰できる、職業サポート体制の強化が必要です。

 

また、働き方として、時間帯や働く時間が選べるなどワークシェアしやすい状況を雇用する企業が作っていかねばならないでしょう。

 

次に、介護職は、安定した給与が確保できる職業、努力すれば給料があがり将来展望も開ける職業になっていかねばなりません。

 

現在の介護保険などもシステムでは、経営者(介護職従事者の雇用者)が、人件費を削ってサービス競争しなければ企業自体勝ち残っていくことができないという状態です。

 

これについては国がシステムを見直すことが迫られています。介護職従事者は国や経営者のシステムの改善を要望すると同時に個人としての働き方も探っていかねばなりません。

 

「介護職につけばとりあえず仕事があるから」という理由でこの仕事を選択した人も、介護職に意義を感じてこの仕事についた人も、受け身ではなく自身の働き方を見つめなおす時ではないでしょうか。

 

介護職に限らず、日本では終身雇用という考え方が薄れつつあります。その中で生きていくためには、自分の売りを見つけ、自分の生き方を意識し専門性をより磨いていくことが必須です。

 

介護職が魅力ある専門職として社会に認知されるためには、今現場にいる介護職従事者が輝かねばなりません。日本の未来は介護職が支えていくのです。

 

介護職が専門職として魅力のある職種になれば、日本の介護の質は向上し安定した社会へとつながるでしょう。

 

 

 

 

>>介護のお仕事なら【介護職急募!】