介護福祉の雇用形態

ホームヘルパー2級の雇用形態・給料

ホームヘルパー2級の雇用形態は二つに分かれています。
一つは福祉施設で働く介護スタッフと、もう一つは家庭に訪問して介護を行うホームヘルパーがあります。

 

 

施設系の常勤の場合で月給15万円〜25万円程度。
訪問系の登録のパートの場合では時給1200円〜1500円程度。

 

 

常勤へルパーは、ヘルパーの派遣先やそれぞれのヘルパーのスケジュール管理を行うコーディネート業務も行います。基本的に24時間巡回型のお仕事が中心です。派遣事業所などに登録して仕事を紹介してもらうヘルパーの方はパートとして働くのが主なお仕事の流れです。その人のライフスタイルに合わせて勤務形態を選択出来るのもホームヘルパー2級の資格の魅力の一つでもあると思います。

 

 

ですがデメリットもあります。

 

 

特にホームヘルパーの場合は時給が高いので経験のある方しか派遣されないことが多いそうです。寝たきりや入浴介助などは家族の意向もありベテランのホームヘルパーの方が担当します。

 

 

また1つの家から別の家へ行くのに1時間から2時間近く空白が出来る場合も多々あります。この間は無休です。下手すると午前中に1時間、午後から1時間半なんてこともザラです。しかも交通費が出ないのがほとんどです。

 

 

そして利用者さんから人気のないヘルパーの方は外される傾向もあります。利用者さんにも好き嫌いがあって当たり前ですが不慣れなヘルパーさんに頼むと利用者さんが怪我などした時に大変ですからね。

 

 

身体介護が出来るベテランのヘルパーさんが月収15万円前後に対し、生活援助しかできないヘルパーさんは月収が2万円〜3万円という開きが出てきます。またどこも人数がギリギリの場合が多く、休まれてしまうと非常に困るそうです。結婚されていてお子様がまだ小さかったりすると仕事が休みがちになってしまう…となると仕事が続きません。

 

 

施設の場合も大体が経験者優遇です。デイサービスなどに入ればお給料は安定しますがそれでも月給14万円前後が妥当です。

 

 

私個人の見解ですが、経験者優遇といっても皆最初は未経験で当たり前です。せっかく取った資格ですから誠意も持って働けば必ず道は開けます。ベテランのヘルパーの方の技を目で盗んで、分からないことはすぐに質問して積極的に仕事をこなしていけば資格も無駄ではありません。この記事に書いてあることが絶対ではないので、資格を取ったら活かせ!の精神で働いて頂けたらなと思います。

関連記事

介護福祉の入り口!ホームヘルパー2級
介護や福祉の分野で働きたいと思っている方々の入り口ともなる資格、それはホームヘルパー2級という資格です。
ホームヘルパー2級が変わる?
平成25年4月から「介護職員初任者研修」(試験あり)と名前が変わる予定
ホームヘルパー2級を取得するには
介護福祉のつい徹底調査。資料請求して準備しよう!
ホームヘルパー2級の現在の求人状況
介護福祉のつい徹底調査。資料請求して準備しよう!
ステップアップへの道!
介護福祉のつい徹底調査。資料請求して準備しよう!
介護福祉の資格の種類:介護事務
介護福祉のつい徹底調査。資料請求して準備しよう!
福祉の資格の種類:社会福祉士
介護福祉のつい徹底調査。資料請求して準備しよう!
介護の資格の種類:介護予防運動指導員
介護福祉のつい徹底調査。資料請求して準備しよう!
介護福祉業界の将来
介護福祉のつい徹底調査。資料請求して準備しよう!