介護福祉とは

介護福祉業界の将来

一番初めに書いた記事にもありますが今年は団塊の世代が高齢者になる年です。それに伴い、ますます高齢化していく日本。

 

そんな中、これから支えになれる若い方の人口も減ってきているのでいつかは同じような歳なのに利用者さんと介護職員に分かれる、なんて日も近いのではないかと思っています。そうなる前にバリバリ働ける若い方々が介護や福祉に興味を持ち、働いてみたい!と思うことで高齢者が安心して暮らせる国になるのではないかと思います。ですから需要はもちろんのこと、世間の関心も多くなっていくことは間違いないです。

 

 

 

 

何度も言いますが介護の仕事はとても大変です。

 

 

 

 

ですが逆の立場で考えてみて下さい。それが難しければ高熱を出した時に家に誰もいなかった場合でも構いません。
心細くないですか?寂しくないですか?

 

 

 

そんな時に優しく手を差し伸べてくれる者の存在がいかに大切で安心できるのか、経験のある方なら分かると思います。

 

 

 

 

これは私個人の見解ですが、介護の資格について調べていく内に介護や福祉の業界で働く方は利用者さんの立場から物事を見られる方や利用者さんとコミュニケーションを取ることによって介護職員としての責任や自覚をより一層大切にできる方の向いている職種だと思いました。

 

 

 

同じ目線で見られることによって、利用者さんが今何を求めているのかを分かろうとする、理解しようとするということはとても重要なことです。また介護職員としての責任を理解するということも自身の仕事への質の向上や意欲へと繋がっていきます。

 

 

 

 

 

そういった向上心のある方、利用者さんと同じ目線になれる方は是非介護や福祉の業界で活躍して頂きたいと思いました。

関連記事

介護福祉の入り口!ホームヘルパー2級
介護や福祉の分野で働きたいと思っている方々の入り口ともなる資格、それはホームヘルパー2級という資格です。
ホームヘルパー2級の雇用形態・給料
身体介護が出来るベテランのヘルパーさんが月収15万円前後に対し、生活援助しかできないヘルパーさんは月収が2万円〜3万円という開きが出てきます。
ホームヘルパー2級が変わる?
平成25年4月から「介護職員初任者研修」(試験あり)と名前が変わる予定
ホームヘルパー2級を取得するには
介護福祉のつい徹底調査。資料請求して準備しよう!
ホームヘルパー2級の現在の求人状況
介護福祉のつい徹底調査。資料請求して準備しよう!
ステップアップへの道!
介護福祉のつい徹底調査。資料請求して準備しよう!
介護福祉の資格の種類:介護事務
介護福祉のつい徹底調査。資料請求して準備しよう!
福祉の資格の種類:社会福祉士
介護福祉のつい徹底調査。資料請求して準備しよう!
介護の資格の種類:介護予防運動指導員
介護福祉のつい徹底調査。資料請求して準備しよう!