介護福祉とは

福祉の資格の種類:社会福祉士

次にご紹介するのが社会福祉士(ソーシャルワーカー)という資格です。主な仕事は社会福祉の専門的な知識を持ち、相談や指導、援助などのサービス提供です。

 

具体的には身体的、または経済的にハンディキャップのある方が日常生活をスムーズに送っていけるように相談役になったり、必要な時は指導を行ったり、定期的な家庭訪問、様々なサービスや給付金の紹介、医療機関や関連施設への紹介なども行ったりします。

 

この社会福祉士という資格も介護福祉士と同様に国家資格になります。

 

 

資格取得の条件は主に8つ、それにプラスして試験に合格することです。その8つの条件ですが、

 

 

 

1…4年制の福祉系大学を卒業し、在学中に所定の指定科目(12科目)を履修している(A)または指定科目12科目の内、6科目の基礎科目を履修し、かつ短期養成施設や通信課程を修了(B)していること

 

2…3年制の福祉系短期大学を卒業・3年生の専修学校などを卒業し、1年間の実務経験があり、かつ1のAまたはBの条件を満たしていること

 

3…2年制の福祉系短期大学を卒業し、2年間の実務経験があり、かつ1のAまたはBの条件を満たしていること

 

4…次に挙げる法的職種を5年以上経験していること

 

・児童福祉司
・身体障害者福祉司
・知的障害者福祉司
・老人福祉指導主事
・査察指導員

 

5…4年制の一般大学を卒業し、一般養成施設や通信課程(1年以上)(C)を修了していること

 

6…一般系短期大学(3年生専修学校など)を卒業し、1年間の実務経験があり、かつ5のCの条件を満たしていること

 

7…一般系短期大学(2年制)を卒業し、2年間の実務経験があり、かつ5のCの条件を満たしていること

 

8…上記に当てはまらない場合、4年間の実務経験があり、かつ5のCの条件を満たしていること

 

以上が資格取得の条件になります。

 

 

 

 

合格率は平均で26%とFでご紹介した介護事務よりも遥かに難易度が高いですが高い目標ほど達成した時の喜びは想像以上のものになるでしょう。また、難易度が高いということは豊富な知識と経験のある者を日本が必要としているということだと思います。

 

 

 

 

スペシャリストになろう!と思っている方は是非挑戦してみて下さい。

関連記事

介護福祉の入り口!ホームヘルパー2級
介護や福祉の分野で働きたいと思っている方々の入り口ともなる資格、それはホームヘルパー2級という資格です。
ホームヘルパー2級の雇用形態・給料
身体介護が出来るベテランのヘルパーさんが月収15万円前後に対し、生活援助しかできないヘルパーさんは月収が2万円〜3万円という開きが出てきます。
ホームヘルパー2級が変わる?
平成25年4月から「介護職員初任者研修」(試験あり)と名前が変わる予定
ホームヘルパー2級を取得するには
介護福祉のつい徹底調査。資料請求して準備しよう!
ホームヘルパー2級の現在の求人状況
介護福祉のつい徹底調査。資料請求して準備しよう!
ステップアップへの道!
介護福祉のつい徹底調査。資料請求して準備しよう!
介護福祉の資格の種類:介護事務
介護福祉のつい徹底調査。資料請求して準備しよう!
介護の資格の種類:介護予防運動指導員
介護福祉のつい徹底調査。資料請求して準備しよう!
介護福祉業界の将来
介護福祉のつい徹底調査。資料請求して準備しよう!